ヘルプで見つからない情報は、サポートにお問い合わせください。お問い合わせ

13.位置表示(iOS、Androidのみ)

 

MDM+では、デバイスの位置表示機能を提供しています。管理ページの「デバイス」画面で「GPS」アイコンをクリックします。

現在地は、最後に更新された位置を表示します。つまり、現在位置を更新するタイミングで室内、または地下鉄などGPSで現在地が取得できない環境におかれた場合は、最後に更新された位置を表示します。

・現在地:現在位置を表示します。
・今日:1日単位でデバイスの移動履歴を表示します。

位置情報の更新タイミング

Android:15分単位で更新
iOS:iOSの場合は以下の条件時に更新

(MDM+アプリ ver.2.6 基準、前提条件として端末のGPS設定がON、通信が可能な状況が必要)
- 端末の場合は移動が確認できたタミンング(3Gで基地局が変わったタイミングなど大きく位置を移動した時)
- MDM+アプリが再起動されたタイミング
- MDM+アプリが起動(フォアグランド(Foreground))している場合、15分間隔

注意:※iOS 7.0xでは正しく動作しない場合があります。iOSのアップデートをお勧めします。

デバイスの設定を確認

現在位置情報をMDM+から取得するにはデバイスの以下の設定を確認してください。

・iOS:設定>プライバシー>位置情報サービスのMDM+の項目がONに設定されている。また、矢印のアイコンが紫になっている。

またiOSでは、デバイスの電源を入れ直した場合にはGPS取得を行い為に一度MDM+アプリを起動する必要があります。

・Android:設定画面の位置情報サービスの項目の下記の画面のようにすべてチェックしてください。

 

現在地リクエスト機能

現在地リクエスト機能は、今すぐに端末の位置情報を取得したいときに使用します。管理者がリクエストを送信した場合、iOS端末では、次のように通知イベントが届いてユーザーに確認させます。

ユーザーは通知イベントの「現在地リクエスト」をクリックして位置情報をサーバーに送信します。

Android端末の場合:ユーザー確認は不要です。バックグラウンドで自動処理されて現在の位置情報サーバーに送信します。

「現在地リクエスト」の通知メッセージは、デバイス側のGPSがOFF状態のままの時にも受信されます。

 

チーム全体の位置表示

各デバイス端末の位置表示はもちろん、チーム全体での位置表示も可能です。「チーム」画面でGPSアイコンをクリックすると、下記のようにフルスクリーンでチームに所属する全バイスの現在位置が表示されます。

左上にあるドロップボックスをクリックすると、チームのデバイス一覧が表示され、該当デバイスの現在位置を確認することができます。

 

チームと顧客先とのマップピング機能

チームマップの右上にある「取引先を含めた位置情報を表示」にチェックを入れると、チームのメンバー達の現在位置(オレンジ色)から近い顧客先の位置(黒)まで同時に表示させます。黒のマークをクリックすると該当する住所録の情報も表示されます。

※ 顧客社をマップに表示させるには「住所」の「職場」は必ず入力してください。 
※ 画面表示枠内で表示されます。チーム全体の位置表示

各デバイス端末の位置表示はもちろん、チーム全体での位置表示も可能です。「チーム」画面でGPSアイコンをクリックすると、下記のようにフルスクリーンでチームに所属する全バイスの現在位置が表示されます。

左上にあるドロップボックスをクリックすると、チームのデバイス一覧が表示され、該当デバイスの現在位置を確認することができます。

チームマップの右上にある「住所録にある住所表示」にチェックを入れると、チームのメンバー達の現在位置(オレンジ色)から近い顧客先の位置(黒)まで同時に表示させます。黒のマークをクリックすると該当する住所録の情報も表示されます。

※ 顧客社をマップに表示させるには「会社名」と「住所」は必ず入力してください。 
※ 画面表示枠内で表示されます。

 

位置情報をCSV形式でダウンロード

位置情報を確認する画面で「CSVダウンロード」ボタンをクリックして確認中のデバイスの位置情報の履歴をダウンロードすることができます。ダウンロードされるCSVファイルは、選択されている日付から過去7日間のデータをダウンロードします。
項目:更新日時、緯度、経度、住所(住所情報がDBに残っている場合)

 

チーム管理者のデバイス管理

チーム員のデバイスメニューにはメッセージの送信、ドキュメントの配布、アプリの配布、住所録の配布、画面ロック、パスコード初期化が実行できます。

Powered by Zendesk