ヘルプで見つからない情報は、サポートにお問い合わせください。お問い合わせ

2.ユーザー

 

MDM+では、「ユーザー」は「端末の所有者」を意味します。管理者はユーザーを作成し、特定のユーザーの端末としてデバイスを登録します。

 

ユーザー登録

管理者がはじめにMDM+にログインすると、管理者のみが表示されますので、ユーザー登録を行ってください。「ユーザー登録」は、1ユーザーずつ追加することもできますが、CSVファイルを利用して一括で登録をすることも可能です。

「ユーザー登録」ボタンをクリックします。
ユーザーの氏名とメールアドレス、必要に応じて社員番号を入力した後「ユーザー追加」をクリックします。

 

部署の登録

ユーザー追加やユーザー編集画面で部署欄に部署を入力します。


部署が存在しない場合には、新たに部署が追加されます。
部署に何も記入していない場合は「未所属」に含まれます。

 

登録した部署の削除

作成した部署の削除ができます。

 例)「経理部」の削除


経理部に所属している全てのユーザーを他の部署名に変更して、上記の「経理部」をクリックすると、ゴミ箱マークが表示されます。クリックすると削除されます。

管理者を複数名指名

MDM+を管理する方が複数名いらっしゃる場合、複数の管理人を設定することができます。ユーザー情報編集画面の「権限の設定」項目を「管理者」に変更することで設定するとユーザーのメール宛にパスワード設定のメールが届きます。もちろん、どの管理者IDが操作したのかはログから確認することができます。
チーム管理者に設定することで、チームの限定した管理を行うことが可能です。


追加したユーザーは、ユーザーリストに表示されます。下記の図のように新しく追加されたユーザーにはまだ登録されているデバイスがありません。説明文にある こちらをクリックしてください。をクリックすると、デバイスを登録する画面に移動します。


左側のユーザー名を選んでクリックすると、右側に該当ユーザーが所有するデバイスの情報が表示されます。1ユーザーに複数の端末を登録することもできます。デバイスの登録/追加については「4. デバイス」でご説明します。

 

複数のユーザーを一括登録(CSV一括追加)

登録するユーザー情報をCSVファイルに記入し、アップロードして一括登録することができます。ユーザーの追加画面の右側に位置する「一括追加」をクリックします。


一括登録の手順を利用すれば、複数のユーザー及び複数台のデバイスを一括で簡単に登録することができます。「iOS」と「Android」では手順に違いがありますのでご注意ください。

iOSをご利用の場合

ユーザー登録 > 一括登録 > に移動し、「iOS」をクリックし、移動した画面で上の「端末登録」ボタンをクリックします。


「URL発行」をクリックすると、URLが作成されます。(※登録用URLの有効期限は発行から1週間になります。)


発行したURLを登録するiOSデバイスからアクセスします。(登録する全ての端末からこのURLにアクセスします)

  1. URLを開いてアプリをインストールします。アプリをインストールしたら起動せずにSafari画面に戻ってください。
  1. リモートマネージメントをインストールします。
  1. 「起動」ボタンをクリックします。

    (※内部的にローカル通知でIDをアプリに転送する手順になります。必ずこのボタンからアプリを起動する必要があります。)

  1. MDMプロファイルをインストールします。
  1. 無名のデバイスとして登録されます。

 

ユーザー登録 > 一括登録 > に移動し、「iOS」をクリックします。下の「ユーザー情報登録」をクリックします。


CSVファイルをダウンロードします。(4)で登録された名無のデバイスの端末情報をCSVファイル形式でダウンロードします。


CSVファイルに各項目を入力してアップロードしてください。

追加する端末のユーザー(所有者)の氏名、メールアドレス:

 ユーザーを登録する場合には「姓」「名」「メールアドレス」の3項目をセットで記入してください。1ユーザーには1つのメールアドレスが必要になります。同じメールアドレスを複数のユーザーが利用することはできません。

社員番号:

 何も入力しなくても問題ありません。必要に応じて社員番号を入力すると、ユーザーを検索するときにも利用できます。

部署とチーム:

 部署、チームはオプションです。入力しなくても問題ありません。
注意:ただし、既に登録されている部署情報は新たにCSVをアップロードするタイミングですべてリセットされます。既に登録しているユーザーがある場合にはユーザー登録 > 一括登録 > その他(iOS6, Android) に移動し、「登録済みのユーザー情報を含めたCSVファイル」をクリックしてこのCSVファイルに新しく追加するデバイスの情報を記入してください。
CSVをアップロードするタイミングで、既に登録されている部署情報はすべてリセットされます。

OS:

iOSの場合「i」と記入します。

デバイス表記:

何も入力しなくても問題ありません。社内で端末を管理する際に使っている番号などを入力すると、デバイスを検索するときにも利用できます。

Wi-Fi MACアドレス:

iOS7以上の端末の登録時には利用しませんので、入力しなくても問題ありません。

シリアル番号:

iOS7の場合、こちらの情報で端末を特定します。

iOSの各端末の以下メニューからも個別に確認することができます。
設定 ▶ 一般 ▶ 情報

また登録されている名無のデバイスのシリアル番号リストは「デバイス」メニューでダウンロードできるdevice_file.csvファイルに記載されています。

IMEI:

こちらの情報で端末を特定します。「シリアル番号」と「IMEI」が両方入力された場合は「IMEI」を優先して紐付けします。

ポリシー名:

適用するポリシー名を記入します。間違った場合や存在しない場合は基本ポリシーが適用されます

メールパスワード:

ポリシーの「メール」および「Exchange」項目を設定する場合にこちらのメールパスワードが使用されます。ポリシーの「メール」および「Exchange」項目を設定しない場合、入力する必要はありません。


Androidをご利用の場合:
ユーザー登録 > 一括登録 >Android をクリックし、CSVファイルをダウンロードします。


登録しているユーザーがある場合には「登録済みのユーザー情報を含めたCSVファイル」をクリックしてこのCSVファイルに追加してください。

CSVファイルに各項目を入力してアップロードしてください。

追加する端末のユーザー(所有者)の氏名、メールアドレス:

ユーザーを登録する場合には「姓」「名」「メールアドレス」の3項目をセットで記入してください。1ユーザーには1つのメールアドレスが必要になります。同じメールアドレスを複数のユーザーが利用することはできません。また既に登録されているユーザー情報の氏名などを変更することは出来ません。(姓・名・メールアドレス項目を入力しないで、Wi-Fi MACアドレスを入力した場合は、所有者が存在しない「名無しのデバイス」として登録が進みます。)

社員番号:

何も入力しなくても問題ありません。必要に応じて社員番号を入力すると、ユーザーを検索するときにも利用できます。

部署とチーム:

部署、チームはオプションです。入力しなくても問題ありません。
既に登録されている部署情報は新たにCSVをアップロードするタイミングですべてリセットされます。

OS:

OS欄にはアンドロイド端末の場合「a」と記入します。

デバイス表記:

何も入力しなくても問題ありません。社内で端末を管理する際に使っている番号などを入力すると、端末を検索するときにも利用できます。

Wi-Fi MACアドレス:

AndroidをCSVで一括追加を行うには「MACアドレス」が必要になります。
MACアドレスの入力は、XX:XX:XX:XX:XX:XXのように2文字ずつコロン(:)で区切って半角で入力してください。Android端末でMACアドレスを確認するには
ホーム画面 ▶ 設定 ▶ 無線とネットワーク(ワイヤレスとネットワークの設定) ▶ Wi-Fi設定 ▶ メニュー ▶ 詳細設定 ▶ MACアドレス(:で区切られた英数字)
※機種によって項目などが異なりますので、端末付属の説明書を参照してください。

※Wi-FiをONにしないと、MACアドレスが「不明」と表示される場合があるので注意してください。
※ご利用となる機器によりご確認いただく方法や呼び名が異なっている場合がございます。以下の手順でご確認できない場合は、各機器のメーカー様にお問い合わせください。

※iOS6以下のバージョンの端末も一緒に登録することができます。その場合にはOS欄に「i」と記入し、MACアドレスを記入してください。)

シリアル番号:

シリアル番号はiOS7から登録する場合のみにご利用します。Androidでは利用しません。

IMEI:

こちらの情報で端末を特定します。「シリアル番号」と「IMEI」が両方入力された場合は「IMEI」を優先して紐付けします。

ポリシー名:

適用するポリシー名を記入します。間違った場合や存在しない場合は基本ポリシーが適用されます。

メールパスワード:

ポリシーの「メール」および「Exchange」項目を設定する場合にこちらのメールパスワードが使用されます。ポリシーの「メール」および「Exchange」項目を設定しない場合、入力する必要はありません。

 

MDMエージェントアプリをインストールします。
一括追加時に端末Wi-Fi MACアドレスを入力した状態で、アップロードすると端末の登録手順で、端末確認の為のパスコードを入力する必要がなくなります。詳しくは「4.デバイス」をご参照ください。

 

デバイス登録(Enrollment)の確認

登録が終わりましたらたからMDM+エージェントアプリを一度起動して、動作を確認してください。

※登録完了のためにはデバイスがインターネットに接続出来る状態である必要があります。
プッシュメッセージを送信して、メッセージを受信することをご確認ください。

アプリを実行すると、下のタプに「ドキュメント」、「メッセージ」、「アプリ」、「設定」メニューがあります。
「設定」でユーザーの画像をアップロードすることができます。
アップロードされた画像は、PC側の管理画面にも表示されます。

以上で登録作業は完了です。

 

ユーザー削除

ユーザーの削除は、ユーザー画面の右上にある「ユーザー削除」をクリックします。


ユーザーを削除すると、ユーザーの所有している(割り当てられている)デバイスは、「名無しデバイス」に変わります。


下記の図のように、メインメニューの「デバイス」をクリックして、デバイスリストの上段にある「ユーザーのないデバイス」で確認することができます。

Powered by Zendesk